芦屋を中心とした不動産物件をご紹介。賃貸・売買・土地・店舗など全てお任せ下さい。

芦屋地域密着・オルヴィス
お問い合わせ

不動産物件購入のススメ

私たちは、生活する為にはどこかに【住む】ことが必要になります。
そして【住む】場所を『借りる(賃貸)』か『購入(売買)』しなくてはなりません。
私どもにいらっしゃるお客様の中には「賃貸か売買にするかで迷っている」という声を度々お聞きします。

私たちはお客様の数だけライフスタイルがあると考えていますので、必ずどちらが良いということは無いと思います。双方ともメリットもそうでない部分もあると思いますが、きちんと整理してみれば自分にあった住まいの手に入れ方を正しく判断できると思います。

賃貸は手軽でローンが発生せず住み替えも自由だということがメリットです。デメリットとしては、自分の所有物ではないということ。そのため自由にリフォームなどはできない、例えばペットを飼うのも難しい場合がある、そして支払いに「終わりがない」等があげられます。

一方、購入の場合はどうでしょうか?全く賃貸の逆ですね。ローンが発生し、容易に住み替えはしにくいけれど自分のライフスタイルにあわせて自由にリフォームできるということ。そして支払い(ローン)に「終わりがある」ということです。

こうして考えてくると気づくことがあります。
どこかに住む以上必ず支払いが発生し、それには終わりがあるモノと無いモノに分かれるということです。当たり前のことですが、ローンが発生するかしないかをよく考えると、賃貸においても住むという行為をし続ける限り支払い続けるのです。ローンという呼び方とは違いますが、「永遠に続くローン」という風にいえなくも無いのです。
家を購入するということに二の足を踏んでしまうという方は「わからない」から不安だというのがほとんどだと思います。正しく知識を持っていれば判断基準も変わると思います。

不安1家を購入すると諸経費や税金がたくさん必要になるのでは?

購入価格以外に諸経費がかかってきます。登記費用・火災保険料・印紙代・仲介手数料・ローン手続き費用などです。物件や状況により異なりますが新築マンションは購入価格の2.5〜5%程度、中古マンションは5〜8%程度、戸建て住宅の場合は6〜10%程度が目安です。
税金は主に固定資産税と都市計画税が毎年(4回に分割可)かかります。
計算方法は コチラ などにのっていますが、毎年変動するものですので、詳しくはお問い合わせ下さい。

不安2住宅ローンから借りられますか?

お任せ下さい。もちろん審査はございますが、銀行へ住宅ローンを打診するのも弊社がさせて頂く仕事です。ローンの審査はお勤め先・勤続年数・ご年収・他の借り入れ状況などです。
コチラ より計算できますがお気軽にご相談下さい。

不安3ローンの支払いが難しくなったりしませんか?

ご予算に合ったローンを組めば大丈夫です。無理のあるローンを組むほど将来支払いが難しくなる可能性が高まります。返済計画のご相談も承っております。計画を決めて借入額を無理のないよう決めていきましょう。
また、住宅ローンは「返済に終わり」があります。生きていく上で【住む】必要がある以上、賃貸物件ではずっと支払いがかかってしまいます。支払い終わった不動産は資産になる点が大きな差になります。

不安4万一の時は負債をかかえてしまうのでは?

もしもローンの支払者が亡くなったり重度の障害になった場合、本人に変わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う「団体信用生命保険」という制度があります。銀行の民間住宅ローンでは加入が基本的に義務づけられていてローン金利の中に最初から盛り込まれているところも多いようですので、万一の時も安心なローンを選択することもできます。


いかがでしょう、まだ購入することに対して不安がありますか?
最初にも言いましたが、賃貸にするか売買にするかはそれぞれのメリット、デメリットがありその人それぞれのライフスタイルに合わせて決められるべきです。
ただ、上のような不安等の為に不動産を購入することを諦めていませんか?必要なのは正しい知識です。その上で賃貸にするか売買にするか決められるのが一番良いのではないでしょうか。
もし、購入について興味を持たれましたらお気軽に私どもまでご相談下さい。